作品紹介
話題『仏』騰!!
仏の御心に触れるノベライズ――登場!?
なむあみだ仏っ!
春夏秋冬 四季むすび
著:月本ナシオ
原作:ビジュアルワークス
イラスト:風李たゆ
定価:[本体650円+税]
ISBNコード:978-4-04-734208-8
©Visualworks
古の時代より、人々の心を惑わし、破滅に導く悪しき煩悩の数々……。近年、膨張し続ける煩悩から人々を救うため地上に降り立ったのは、十三仏と呼ばれる仏達だった!! しかし彼らは勤めの傍らで、地上の生活も思い切り楽しみ始め――!? 祭りあり! コスプレあり!? の春夏秋冬! ここでしか手に入らないスペシャル描き下ろしカード<不動明王>がもらえるシリアルコード付き!!

キャラクター紹介

不動明王(ふどうみょうおう)

五大明王の中心で、シヴァ神の化身とも言われている。強気で負けん気が強く、ちょっと生意気。まだ子供であることを思わせるあどけなさも残るが仏としての能力は高く、仕事はきちんとこなす。大日如来から子分扱いされているが本人には全くその気なし。酉年の守り本尊。

釈迦如来(しゃかにょらい)

仏教の開祖。現世における唯一の仏。表面上は笑顔で優しいが、怒らせると怖い。弥勒菩薩を後継者として育てているが、少々手を焼くことも。自分の師匠であった阿弥陀如来からは「昔のお前そっくりだ」と言われている。

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

智慧を司る学問の仏で、ことわざ「三人寄れば文殊の知恵」の文殊とは文殊菩薩のこと。完璧主義であり、頭の中ですべてシミュレーションして行動しているため、予想外の事態に発展すると使い物にならなくなることも。一緒に釈迦如来の脇侍を務める普賢菩薩とは、性格の違いでよく衝突する。卯年の守り本尊。

普賢菩薩(ふげんぼさつ)

見た目は中性的だが、性格的には男らしく、ガサツ。共に釈迦如来の脇侍を務めている文殊菩薩の几帳面過ぎる性格が気に入らず、彼が失敗をするとネタにしてからかう。辰・巳年の守り本尊。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

冥界の王「閻魔王」と同一視されている。一般的に「子供の守り神」として「お地蔵さん」、「お地蔵様」などと親しみを込めて呼ばれている。強面の外見に反し面倒見がよく、最初は怖がっている子供などもいつの間にか懐いてしまう。

弥勒菩薩(みろくぼさつ)

釈迦如来の後継者であり、56億7000万年後に釈迦如来の救いに漏れた人々を救う未来の仏。身長が低いことをコンプレックスに感じ、毎日一生懸命牛乳を飲んでいる。

薬師如来(やくしにょらい)

薬の仏。救済の為の「十二誓願」という誓いを立てている。傷や病の「負」を自分が負う事で治療する力を持っているが、受けた「負」が、一定量を超えると狂気の性格へと変貌し手が付けられなくなってしまう。元に戻すためには口から口へ仏の気を注入する必要がある。阿しゅく如来とは同一視される説がある。

観音菩薩(かんのんぼさつ)

勢至菩薩の兄であり、阿弥陀如来の脇侍。三十三観音として様々な姿を持っている。優しくおだやか。しっかりものであるが、お金に細かい面も。一日の終わりに必ず家計簿をつけるのが日課。子年の守り本尊。

勢至菩薩(せいしぼさつ)

観音菩薩の弟。阿弥陀如来の脇侍。智慧の光を照らし衆生が地獄へ落ちないよう救う役目を持つ菩薩。三千世界を揺るがすブラコン。明るく、人懐っこいが少々おバカ。怪力。可愛いものが大好き。午年の守り本尊。

阿弥陀如来(あみだにょらい)

釈迦如来の師匠で、観音菩薩と勢至菩薩を脇侍として従えている。仏たちを静かに見守る父親的な存在であり、物事の最終決定を任されることが多い。オヤジギャグが好きで、時に周囲を凍りつかせることもある。戌・亥年の守り本尊。

阿しゅく如来(あしゅくにょらい)

「揺るぎないもの」という意味の梵名を持ち、迷いに打ち勝つ強い心を授ける仏。女性的な風貌をしているが、れっきとした男性。本人曰く母性がある。明るく楽観的。

大日如来(だいにちにょらい)

森羅万象を司り「万物を総該した無限宇宙の全一」とされる仏。自分にかなりの自信を持っている。時に常人には理解できないファッションセンスを持つ。自分の化身と言われている不動明王が、自分ではなく、地蔵菩薩に懐いているため、地蔵菩薩にライバル心を抱いている。未・申年の守り本尊。

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

無限の智恵と慈悲を持った菩薩。「明けの明星(金星)」は虚空蔵菩薩の化身・象徴とされる。お調子者でムードメーカー。お金が好きで、金儲けの話には目がないが、使うことも大好きなため、家計簿をつけている観音菩薩からは警戒されている。うなぎのウナちゃんを使いとして連れている。丑・寅年の守り本尊。

迦楼羅天(かるらてん)

赤い翼を持ち、口から金の火を吹き、煩悩を喰らう霊鳥。しかし煩悩を喰らいすぎると吐いてしまう。

PV
カテゴリー別検索
特設サイト

TOPへ